着物には「格」というちょっと面倒なランク付けがあり、そのランクによって着て行ける場所が決まっています。その格付けの中で、訪問着は「略礼装」と呼ばれる位置づけ。女性の和装の礼装です。
平たく言うと、フォーマルウェアということ。略礼装は一番格の高い「第一礼装」の次のランクになりますが、和服の場合、第一礼装は「黒留袖」「本振袖」「喪服」の3つで、黒留袖は自分の家族の結婚式の時に着る着物。逆にいうと、家族の結婚式にしか着られないと言ってもいいものです。本振袖はご存知のように成人式や謝恩会、未婚の若い女性がお友達の結婚式に着るものなので、その他の礼装を着る機会を全て網羅するもの。といっても過言ではありません。
現代ではフォーマルに着られて、汎用性が高い為、格調高い最上級のものから、カジュアルで気軽に華やかに着られるものまで、見せどころたっぷりで様々な種類のものが作られています。着物の花形と言って間違いないでしょう。

華やかな絵羽柄が特徴

柄ゆきは「絵羽柄」と言うもので、着物になった時に全体で柄がつながるように反物が作られています。脇や後中心、ウエスト部分や前端など、着物はいくつかのパーツを縫い合わせて作りますが、そのパーツ部分で柄が合うようになっていて、全身で大きな柄ゆきになるように図案が考えられています。全身で表現できるので、流れや動き、大きな柄が表現しやすく、全体に柄が入っています。
着物全体に柄が入るのは、本振袖と訪問着の2つだけです。それだけ華やかな着物ということなので、柄を選ぶ時には全体の柄の流れに注目し、他の種類の着物にはない特徴的な柄ゆきのものを選ぶほうが良いでしょう。まさに現代の和服のパーティドレスなので、自分が出かけるパーティがどんなパーティなのかを考え、カジュアルなパーティなら遊び心のある柄を、格式の高い式典なら、それなりのクラシカルな柄を選ぶのをお勧めします。

注意が必要なのは紬で作られたもの

最近では「紬」で作られたものもあり、格としては結婚式にも着ていけるものなのですが、「紬」の格は普段着で、実際に結婚式に着て行けるかというと、微妙な部分があります。
もともと紬は紡いだ絹の余りの端糸で作ったのが始まりで、江戸時代は平民が着ていた普段着です。絹には見えないしっかりした「織りの着物」で、柄は糸を先に染めて、生地を織る時に作られます。織りの着物に対して、「染めの着物」というのがあり、これは白い生地を先に織り、生地になった状態で柄を描いていくもの。織りの着物は染めの着物より「格下」とされていて、どんなに手間がかかっていたり高級だったとしても、その格は染めの着物の上にはなりません。
最近作られている紬の訪問着は、柄が絵羽柄になっているので位置づけとしては格が上がる筈ですが、紬という織物で出来ているので、結婚式や披露宴に出席するのは難しいのです。大島紬など、100万円以上するものもよくありますが、ものすごく高いヴィンテージデニムみたいなもの。と考えると良いでしょう。ヴィンテージデニムを着ていけるパーティなら、紬を着ていっても大丈夫です。