冠婚葬祭や結納などの特別なイベントで、礼服や着物などの訪問着を着用する機会があります。しかし、礼服や着物などの訪問着は、購入しても着用する場面が限られており、時間の経過とともに体格が変わって着られなくなるということもあります。
そんな中、着物や礼服をレンタルで借りる人が多くなっており、いろいろな種類の中から選ぶことができるため、人気になっています。成人式や卒業式などのイベントがある1月から3月の間は、流行りの素敵な振袖や羽織袴を期待というニーズが高く、豊富な種類から選択肢がある着物レンタルの需要が強くなっています。
それに伴って、さまざまな衣服を提供するレンタルショップが各地に登場しており、都心部だけではなく、地方都市や観光地などにも出てきています。

リーズナブルにレンタル可能なところが魅力

さまざまな種類の訪問着を用意しているレンタルショップの魅力は、リーズナブルに衣服を借りられる点です。振袖や羽織袴などの晴れ着を購入する場合、最初に多額の費用が必要になり、その後もクリーニング代などの維持コストがかかり、防虫剤などを用意したタンスにいれて保管しなければならないなど、いろいろな手間がかかってしまいます。
レンタルショップを利用することで、固定費がかからなくなり、クリーニング代なども不要で、必要な時に必要なだけ着物や礼服を借りることができます。また、着物であれば、着付けを行ってくれたり、小物をレンタルしてくれるところが増えています。さらに、礼服の場合、シャツや靴、ネクタイ、ベルトなども貸してくれるレンタルショップがあり、とても便利です。

宅配レンタルサービスも登場

礼服や着物のレンタルショップだけではなく、近年は宅配レンタルサービスを提供する業者も登場しています。自宅に居ながら商品を受け取ることができ、レンタルショップまで借りに行く手間を省くことができます。
また、利用した後は、コンビニエンスストアなどで、宅配便を使って返却するだけになりますので、レンタルショップに返しに行く手間が不要になります。
ただし、宅配レンタルサービスで着物を借りる場合は、着付けを自分で行う必要があります。着付けが自分で出来ない時は、友人や知り合いなどに依頼しなければならなくなります。
着物レンタルショップの中には、着付けレッスンを行っているところがあります。そこで着付けを学んだ後、宅配レンタルサービスを利用するという方法もあります。

きもの・長襦袢・コート・羽尺は、未仕立ての状態でお届けいたします。 コーディネートのご相談、お手入れのご相談、経験豊富なスタッフが対応します。 我が社では寸法直しを国内手縫いのみで丁寧行っており、価格も袖の身丈で30000円と特別料金になっています。 新着の着物やお買得の着物をリーズナブルな料金で多数品揃えしており、柄や全体のイメージも複数の写真で確認していただけるようにしております。 専門店だから訪問着の種類も豊富!